銀歯から白い歯へ変えることで得られるメリット

笑ったときに見えてしまう銀歯。笑うことにためらいを覚えてしまう方も多いようです。見た目を気にして銀歯を外して白い歯に変える方が増えています。白い被せものはセラミックやポーセレンなどの他にレジンとセラミックを混ぜたハイブリッドの素材もあります。銀歯と比較するとこれらの白い素材は審美的に綺麗になることもありますが、実は歯の汚れ、プラークが付きにくいと言う特徴も持っています。プラークコントロールが容易になることでその後の歯周病のリスクが下がると言うメリットもあります。

白い歯に変える費用はどのくらい?

見た目にも美しく、機能的にも優れている白い被せものや詰め物の歯にも欠点はあります。それは、保険が適用されない場合がほとんどと言う事です。歯科医院によって金額はまちまちですが、セラミックでも10万から15万位で、メタルボンドと呼ばれるポーセレンの歯でも同じくらいの金額です。セラミックとレジンのハイブリッドでも8万前後の金額となります。保健適応の銀歯だと8千円くらいなので10倍以上の費用がかかてしまうのです。

白い歯が保険適用されるにはどんな条件が必要?

白い保険適用外の素材で作った歯を保険で入れる場合は、いくつかの条件があります。一つは認められるタイプはハイブリッドだけと言う点です。4番、5番と呼ばれている小臼歯だけはハイブリッドの白い被せものが認められています。これにはさらに条件があり、セレックと言う機器を導入している歯科医院でないと入れられないという条件です。導入していない歯科医院では入れることができません。また大臼歯の6番にもハイブリッドを入れることができますがこれには上記の条件の他に患者さんが金属アレルギーであることが条件です。金属アレルギーの診断書の提出が必要になります。

セレックシステムとは、ドイツで開発されたコンピューターを使って歯の修復物を作製するシステムです。CERECと表記します。